施術内容

自費治療について

​自費治療について

メニュー

PNFを用いた施術になります。患者様のお話をお伺いし、症状に応じた施術メニューを組み立てますので、お気軽にご相談ください。

オプション
  • 有料物理療法10分(電気治療) ¥500

 
​①骨盤矯正

骨盤の歪みは、悪い姿勢の継続や重心が片脚に偏る等、日常の無意識な行動の積み重ねによって起きています。一定の姿勢が継続することで、一定の筋が収縮して固まり、反対側の筋が延ばされて固まることで歪みが生まれます。

 

例えば、悪い姿勢だとお腹側の筋肉群が縮まって固まり、背中側の筋肉群は延ばされて固まります。

筋肉は固まってしまうと力を発揮できなくなり、結果、いろいろな悪影響を体にもたらしてしまいます。

808711F8-0457-486B-B4BB-30CAB96C9763.jpg
1B7339C6-0A47-4D88-B15C-EC61B4159496.jpg
骨盤の歪みがあることで起こる症状
  • 骨盤は脊椎とつながり、首まで繋がっているため、骨盤が歪むと腰痛だけではなく肩こりや頭痛、めまいの原因となる

  • 骨盤は内臓を支えているため、体質的に、冷え性、生理痛、むくみやすかったりすると、さらに悪化させる原因となる

  • ​骨盤が後継し背中が丸くなる姿勢は楽なので、筋肉を使わなくなるため、筋肉量が減り、代謝が悪くなるので太りやすくなる

​等があります。​

78F20D4E-E2FA-4277-B51A-A44156D8360B.jpg
骨盤の歪みとなり得る動作
  • 脚の組癖がある

  • 片脚に重心が偏りがち

  • デスクワークなどで長時間座っていることが多い

  • あぐらをよくかく

  • ​足関節捻挫などの怪我をしたことがある

​次の症状がある方は要注意
  • 左右の肩の高さが違う

  • スカートのファスナーがくるくる回る

  • ​片脚バランスで片脚が立ちづらい

​このような症状がある場合は、悪化する前にお早めにご相談ください。

​当院では、PNFという運動神経(筋肉を動かす神経)に働きかける運動療法を軸に施術をしているため、関節をしっかり動かせるように導き、骨格を支える筋肉を刺激することで、本来の筋肉の持つ力が発揮できるようになり、正しい姿勢を維持しやすい体作りを目指せます。また筋肉をしっかり動かすことで、血液やリンパの流れの回復にも効果があります。

​②猫背矯正

猫背姿勢は、いわゆる悪い姿勢です。

​本来、頸椎前腕、胸椎後弯と穏やかなカーブをして頭の重みを支えていますが、パソコン作業や携帯を長時間見ている習慣があると、頸椎の前弯がなくなり(ストレートネック)、頭が前に出て、胸椎の後弯は強くなり、頭の重み(平均4~6kg)が首から背中にかけてある筋肉に大きな負担がかかり、肩こり、頭痛、腰痛の原因ともなります。また姿勢が崩れることで、重心が変わり足部にも支障が出ることもあります。

808711F8-0457-486B-B4BB-30CAB96C9763.jpg
498EF018-D0EF-4AD5-9750-E0128DA36CA7.jpg

猫背の原因は前述したように、長時間のパソコン作業や携帯を見る姿勢によって、体のお腹側の筋肉群が縮んで固まり、背中側の筋肉群が延ばされ固まった状態です。

 

背中が丸くなることで、肋骨の動きも悪くなり、肋骨に付いている呼吸に関わる筋肉がうまく働くことができなくなることで、呼吸が浅くなったり、自律神経が乱れるなどの症状も出やすくなります。

また、腹横筋は腹圧を高めて体幹を支える筋肉で、腸腰筋は骨盤を支える筋肉ですが、猫背姿勢で背中が丸くなることで、これらの筋肉が縮んだまま固まり、うまく働くことができなくなり、内臓や代謝機能にも悪影響を及ぼすこともあります。

 

そしてもう一つ大きな問題になるのは、肩の痛み。

背中が丸くなることで、肩甲骨が外側に開いてしまいます。肩関節は、上腕骨・肩甲骨・鎖骨の運動連鎖によって動きますが、猫背姿勢になると、この運動連鎖が崩れてしまい、腕が挙がりづらくなります。その状態で無理に動かし続けることで、一定の筋肉に負担がかかり、肩の周辺の筋肉が炎症を起こして、痛くて挙がらなくなる肩関節周囲炎の原因ともなります。

 

猫背姿勢は、見た目にもはっきりわかりやすいので自覚しやすいと思いますが、

「パソコン仕事だから仕方がない」

「癖だから仕方がない」

と諦めている方も多いです。

しかし、このように猫背が原因で様々な支障を引き起こしてしまいます。

諦めずに、早めに対処しましょう!お気軽にご相談下さい。

 

 

当院では、PNFという運動神経(筋肉を動かす神経)に働きかける運動療法を軸に施術をしているため、関節をしっかり動かせるように導き、骨格を支える筋肉を刺激することで、本来の筋肉の持つ力が発揮できるようになり、正しい姿勢を維持しやすい体作りを目指せます。また筋肉をしっかり動かすことで、血流やリンパの流れの回復にも効果があります。

​③コアトレーニング

コア(体幹)とは、首から上・腕・足を除いた部分のことを言い、体幹筋もアウターマッスルとインナーマッスルに分かれています。

主なアウターマッスルの前体幹筋は、大胸筋、腹直筋。後体幹筋は、広背筋、脊柱起立筋、僧帽筋に分けられます。

主なインナーマッスルは横隔膜、腹斜筋、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋が腹部を上下・前後で覆うように付き、背骨の安定性を高め、呼吸にも関わるなど重要な働きをしています。

B86FDE36-0216-4C35-A88E-53316ECC2CD7.jpg

コアトレーニングは、このアウターマッスルとインナーマッスルの両方を鍛えることが大事になります。

体幹の働きは大きく分けて3つあります。
  1. 内臓を正しい位置に保つ

  2. 体を支える(姿勢維持)

  3. ​体を動かす

体幹が弱くなることで起きること
  • 姿勢が崩れてやすい(猫背、反り腰)

  • 腰痛や肩凝りの慢性化

  • 基礎代謝が落ちて太りやすい

  • 自律神経が乱れやすい

  • 内臓の位置が下がり、機能が低下する

  • 肉量が減る

体幹が強くなることの効果
  • キレイな姿勢を維持しやすい

  • 腰痛や肩こりの解消

  • 基礎代謝が上がり痩せやすい

  • 自律神経が整いやすい

  • 内臓の位置を正常に保ち機能を維持できる

  • スポーツでのパフォーマンス力を向上できる

学生の頃は、部活や体育の授業など、何かと動く機会はたくさんありましが、社会人になると、デスクワークやパソコン作業が長くなり、運動不足で筋肉量が落ちるため、姿勢は崩れがちです。

更に崩れた姿勢は固定され、代謝も落ちて太りやすくなり、自律神経も乱れやすく、ストレスも溜まりやすくなる…と負のループに陥りやすくなります。

 

当院のコアトレーニングは、腰痛防止や骨盤矯正などに合わせてセルフでのトレーニング指導もしておりますが、手技(PNF)による負荷でのコアトレーニングですので、年齢、性別、目的に合わせて負荷を変えることで無理なくトレーニングすることができます。

 

筋肉をつけて体質改善をするには、3カ月ほどかかるためになかなか継続できず、実感する前に途中で止めてしまいがちですよね?一人で黙々とトレーニングするのが苦手な方、お話ししながら楽しく無理なく(たまにチョットだけ頑張って)、コアトレーニン!始めてみませんか?

 

お試しコースもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

​④歩行調整

「歩行調整って何?」と思われますよね。

ちょっと分かりづらいですが、実はとても大事なことなんです!

 

歩行動作には「歩行周期」というものがあります。

人は立っているだけで、重力に抗い倒れないように無意識に筋肉=抗重力筋を使っています。

歩く時は、地面と接する足裏を中心に抗重力筋が働き後ろに倒れないようにバランスを取りながら歩いています。

図 歩行周期

AAE22B1E-9432-4D01-AD2F-E6A1E4A88BEC.jpg

≪歩行周期:踵から接地→足底の外側→指の付け根→拇指球→拇指の順に重心が移動する≫

このように、歩行時の体重の乗り方で使われる筋肉が変わっていきます。

また足裏には、地面がどういう状態かを察知するセンサー(メカノレセプター機能)がたくさんあり、バランスを保っています。このセンサーがうまく働かなくなることで、躓きやすくなったり、転倒しやすくなったり、運動能力が低下する等の悪影響を及ぼされます。

センサー(メカノレセプター機能)は"感覚神経“なので使わなければ簡単に鈍くなり、うまく機能しなくなります。

127B095D-BDAA-4162-8559-268A967961F7.jpg

※足裏のメカノレセプターは拇趾・拇指球に集中しています)

足裏のセンサーが鈍くなる原因として
  • ヒールの高い靴、底の堅い靴

  • 姿勢の崩れ(骨盤の歪み)

  • O脚・X脚

  • 外反母趾

  • 偏平足

  • 筋力低下

  • 外傷による一定期間の固定具装着

等があります。

これらの原因によって、歩行時の重心が変わることで足裏のセンサーが鈍くなり、躓きやすくなったり、高齢者やお子さんでは転びやすくもなります。また、本来使うべき筋肉が使われなくなることで一定の筋肉の負担が大きくなり疲れやすくもなりますし、スポーツにおいては、パフォーマンスをうまく発揮しづらくもなります。

 

例えば、ダンスでは、上半身をきれいに使うためには体幹の強さも大事ですが、バランス感覚が悪ければ、スムーズに踊ることは難しいです。建物で言ったら、足裏は土台。土台がグラグラしていたら、どんなに立派な柱や屋根を組み合わせても、耐震性が低いのと同じことです。

 

「歩行調整コース」では、PNFテクニックという手技を使い、この足裏のセンサー(メカノレセプター機能)を刺激し、歩行周期で使われる筋肉(運動神経)に働きかけることによって、バランス感覚を取り戻し、高齢者やお子さんの転倒防止、正しく歩けるように導くことで姿勢改善、動きやすい体作り、スポーツではパフォーマンスの向上をサポートをしていきます。

 

お試しコースもご用意しておりますので、気になることがありましたら、是非一度ご相談ください。

​⑤小顔矯正
94763AF0-DC48-4304-943E-060C8BB7F488.jpg

*美容院に行った時「頭硬いですね」と言われたことはありませんか?

 それ、既に頭部の血行が悪くなっています!気付かないうちに顔の歪みやむくみもありますね。

FBDA651D-99E7-4554-A515-B6BC9392E625.jpg

   ≪前面:顔の筋≫ ≪後面:頭部~頸部の筋≫

   ※胸鎖乳突筋、僧帽筋などから体の前面・後面・側面~足裏・つま先まで筋膜で繋がっています

*デスクワークやストレスによる首肩こりや姿勢の崩れから骨格の歪みが生じて、筋膜で繋がる頭部の帽状腱膜が硬くなります。また、疲労・睡眠不足・ストレス・噛み癖等で表情筋や頭部が凝ってしまい、血行不良が起きることで下記のような症状を引き起こします。

・頭が重い

・首肩こり

・体も気持ちがスッキリしない

・顔のむくみや歪み

・目元がスッキリしない

・額のしわが深くなる

・ほうれい線を深くなる

・眠りが浅い

 

*体は、すべて筋膜によって繋がっています。

 当院での「小顔矯正」は、この筋膜の繋がりから表情筋~頸部の調整、顔(胸骨・蝶形骨)と頭(縫合)の骨格の歪みの矯正を行うことで、これらの症状を緩和していきます。

「長い間悩んでいた首肩こりが、今まで感じたことないぐらいスッキリした」

「なんとなく頭や首周りが、いつも重い感じだったけどスッキリした」

「腕や足が挙げやすくなった」 など、喜びの声も頂いています。

また気象病や起立性調節障害が改善したという症例もあります。

 

症状が気になる方、お気軽にご相談下さい。

*施術ビフォーアフター

C73C1CBC-1980-4D01-AC76-6683F0C3129D.jpg

ビフォー

A2A1BFF4-3677-4E2B-AAAA-A25588C854C4.jpg

アフター

フェイスラインがすっきり。顔の歪みも取れています。

5AD6F1D3-C7A0-46BA-ADC0-92257F8D774D.jpg

ビフォー

F0B43873-F67F-439B-AF7B-C953BF1D38F3.jpg

アフター

顔のむくみが取れた分、小さくなっています。

​⑥オーダーメイド

体の歪みの原因は全ての人が同じではありません、座り方、重心の在り方、荷物の持ち方、姿勢などの生活習慣からくるものも多いですか、スポーツなどの動きの癖が原因で起きる筋バランスの偏りからくる歪み、変形で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

当院では、PNFという運動神経に働きかける手技に加え、骨格矯正、コアトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを組み合わせて、体の状態や目的に合わせた一人一人の完全オリジナル・オーダーメイドメニューを組み立てていきます。

 

・姿勢を改善しながら軽いトレーニングもしたい

・慢性的な腰痛を改善したい

・ダイエットをしたいけど、ジムに行くのは面倒くさい

・スポーツやダンスをしていて、ケガをしづらい身体作りをしたい

・けがをしてから、以前のような動きができなくなった

・スポーツをしていて、特にケガはしていないが一定の部位に痛みがある

 

という方々には、お勧めのメニューです!

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

特にダンサーの方!

ダンス歴40年、ジャズダンスインストラクター歴30年の経験で、プリエ、ターンアウトの正しいやり方をそれぞれの体に合わせて調整していきます。

 

「プリエをすると膝が痛い」

「アラベスクが挙げづらい」

「バランスがとりづらい」

「ダンスの先生に言われた通りやっているけど、なかなか改善しない」

とお悩みの方、お気軽にご相談下さい。

 

解剖運動学とダンスの体の使い方を照らし合わせながら、改善向上を目指しています。