足の親指が痛い

外反母趾、我慢してませんか?


成人のおよそ30%に認められると言われる外反母趾。

母指(足の親指)の付け根が飛び出し、その先が小指側に曲がってしまった状態ですね。

靴が当たって痛い、酷くなると体重がかかると痛いから歩き方まで変わってしまう方もいらっしゃいます。

        


         

≪原因≫

人間は進化の過程で足のアーチを獲得しました。

足底には2つのアーチがあり、このアーチは、歩行や走行時の踏み出す動力を生み出す「バネ作用」「接地の衝撃を緩和するクッション作用」「片足でも倒れにくくなる安定作用(前回紹介したウィンドラス機構)」があります。

    

             縦アーチ         横アーチ


この2つアーチがしっかり作用していれば問題ありませんが、何らかで崩れることでアーチが崩れてしまい、足部の変形や支障が出てしまします。

縦アーチが弱くなったタイプを「偏平足」、横のアーチが弱くなったタイプを「開帳足」といいますが、この偏平足や開帳足になると、足部の筋力のバランスが崩れてしまい、母趾の付け根に付着している母趾内転筋が強く働き、捻じれた力がかかることで外反母趾になりやすいと言われています。

 

     

  


  ※黄色い部分が第一中足骨(母趾)、アーチが弱くなるとこの中足骨がつぶれて広がるため(内転方向)、内転筋がその先の親指を外転方向に引っ張ってしまい、外反母趾ができあがります

  


また、人間は靴を履く習慣となり裸足に比べると明らかに発症しやすくなり、幅の狭い靴では外反母趾だけでなく、魚の目、胼胝(タコ)等も増え、ヒールの高い靴は胼胝と外反母趾が増えるというデータもあるようです。

どの種類の靴をどの程度の時間使用すると発症するのかということはまだわかっていないようですが、靴の先が狭いハイヒールや足に合わない靴が、外反母趾発症となるリスクを高くすることはあるのではないかと思います。


改善方法として、よく言われているのが「運療療法」です。

   


               『Hohmann体操』


  

    

              『グー・チョキ・パー体操』



≪Hohmann体操≫

ゴムひもを両足の母趾にかけて離す方向に力を入れる(この時に両踵はつけた状態で行う)。軽度から中等度の外反母指に対して痛みを軽減することが期待できます。


≪グー・チョキ・パー体操≫

すべての趾を握る「グー」、母趾と示指の間を開くようにする(母趾を上に持ち上げる)「チョキ」、すべての趾の間を開く「パー」は、軽度から中等度の外反母趾に対して若干の変形矯正効果が期待できます。


でも、、なかなか改善しない!!という声が多いのが現実ですね(汗)

あ、でも運動は大事です!しっかり動かして足部の筋力低下を防ぐことは悪化を止める効果はあると思います!




そこで、当院では「包帯法」を取り入れています。 

                  (参考著書:「外反母趾は包帯1本で治せる」)


包帯法との出会いは、私が柔整学校に通っている頃に、実技指導にいらしていた先生から勧められた柔整の学会に参加した時です。

足専門の整形外科の医師が、症例報告として発表されていて、当時は「ふ~ん」みたいな感じで何となく聞いていました。開業してから、そのことを思い出し、外反母趾の患者さんに試したところ、早い方は数日で変化を感じ始められました。


方法は、寝る時に足部に包帯を巻くだけ!(医療用弾性包帯)

もちろん、それだけでなくセルフマッサージや簡単な運動もやってもらいます。


痛みを抱えて我慢しながら日々を送っている方、ぜひ一度ご相談下さい!

足専門の医師が推奨する保存療法、試してみる価値はあると思います!



特にダンサーの方々は、ヒールやブーツ、トゥシューズを履いて踊るなどで、足を酷使し続けることで変形してしまった方が多い印象を受けます。変形がどんどん進行してしまうと、親指が示指の上下に重なってしまうこともあり、そこまでいくと重心の位置が完全に変わってしまい、ルルベで立った時の軸がぶれてしまいます。軸がぶれたまま踊ることで、体を動かす感覚が変わってしまい、一定の筋肉への負担も大きくなり怪我の原因になるだけでなく、テクニックの面でも体の感覚が鈍り、ターンが回りづらくなる、足裏をうまく使えないためにジャンプが飛びづらくなるなどの障害も起きてしまいます。

「ちょっと気になるけど、しょうがない」「時間がない」と、後回しにしないで早めに相談ください。

SMiLE整骨院では、テーピングや運動療法などにも対応しています。


諦めないで~~~!(笑)



Keep smile

SMiLE整骨院 小口明美