施術内容

オステオパシーについて

オステオパシーとは

当院ではオステオパシーの手技を取り入れた施術をしています。

オステオパシーとは身体を一つのユニットとして捉え身体の持つ自己治癒力を低下させている原因を探し対処するアプローチです。簡素に言うと局所のみで無く全体的にみて自己治癒を回復させていきます。

​適応例

頭痛、頸肩凝り、五十肩、寝違え、腰痛(ギックリ腰も)など様々な慢性症状。

適応する症状

疼痛性疾患、首や腰からくる手足のしびれ、捻挫、むち打ち、肩こり、五十肩、背部痛、腰痛、膝痛、関節痛、腱鞘炎、関節水腫、神経痛、筋疲労、むくみ、交通事故などのリハビリ、ストレス等

当院では以下のオステオパシーの手技を主に使い施術を行います。他に必要と判断した場合骨盤矯正も行います。

ストレインカウンターストレイン

異常収縮してる筋に対してさらに収縮させて緊張をとります。痛みの無い楽な姿勢をとりますので非常にソフトな施術となります。

筋膜リリース

筋膜は全身につながっています。よじれが起きるとほかの筋肉にまで動きの悪さが波及し、痛みや、柔軟性の低下、日常生活活動の低下などにつながります。よじれを解消させ、正しい筋と筋膜の伸長性と筋肉の動きの回復を促します。

​マッスルエナジー

筋肉の短縮、過緊張などで可動範囲が狭くなってしまった関節の動きの改善や疼痛の緩和、伸長して弱化した筋肉の強化などに適応します。